そもそも銀行系or銀行カードローンって何が違うの?

そもそも銀行系or銀行カードローンって何が違うの?

 
キャッシングやカードローンはいろいろな金融機関が提供していますが、その中でも銀行系と呼ばれるものは一種のステイタス性を持つほど商品性が優秀です。

他の金融機関が提供するローン商品より金利が低く、融資限度額も高く設定されます。みずほ銀行のカードローンは最優遇金利が年利3%なのです。

 

また、消費者金融などのカードローンでコンビニATMを利用しようとすると、手数料を徴収されますが、銀行系の場合は手数料を徴収されないことが多いです。

 

そのため、カードローンは銀行系の方が有利だと言われていますか、審査が厳しいため利用者はさほど多くありません。

 

銀行の審査は一般的に厳しいと言われているため、審査も厳しいのかと思われがちですが、実際にカードローンのようなローン商品を審査しているのは、傘下の消費者金融やクレジットカードの取り扱いで提携している信販会社です。

 

確かに審査基準は違いますが、審査をしているのは消費者金融などと同じなのです。しかし、実際に銀行系カードローンは審査が厳しく簡単には契約できません。この理由として、銀行系カードローンなどは金利が低いことが挙げられます。

 

皮肉な話ですが、金利が低いという事は信用がある人にしか貸せないことを意味しています。ローン金利は、金融機関の収益部分だけではなく、万が一の貸倒に備えた保証料も含まれています。そのため、金利が低いという事は保証料をたくさん撮れないことを意味します。

 

保証料が取れなければ、万が一の貸倒の際には金融機関が損失を被ることになります。そのようなことを避けるためには審査を厳しくするしかありません。金利が低いだけではなく、サービス内容も充実している銀行系カードローンですが、ハードルは高いのです。